NPO法人障害者自立援助センター しいのみ

地域でくらす

障害があっても、生まれ育った家、地域で暮らしていきたい方の支援をしています。

訪問系サービス(ヘルパー)

居宅介護(ホームヘルプ)

自宅において入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事、通院等介助など生活全般にわたる支援を行います。
サービス支援 Aさんの場合

Aさんは週に2回、ヘルパーさんに自宅に来てもらい、一緒に晩ご飯の準備をしています。ヘルパーさんと色々な話をしながらできるので、とてもよい気分転換にもなり、困ったことがあればヘルパーさんに伝えることもできます。

同行援護

視覚障害により、移動に著しい困難を有する障害者を対象に必要な援護を行います。
  • 移動時及びそれに伴う外出先において必要な
    視覚的情報の支援(代筆・代読を含む)
  • 移動時及びそれに伴う外出先において必要な
    移動の援護
  • 排泄・食事等の介護その他外出する際に必要となる
    援助
サービス支援 Bさんの場合

Bさんは週に3回、ヘルパーさんと近くの公園をお話しをしながら散歩しています。散歩する時は、ヘルパーさんから段差や障害物を教えてもらいながら、安全に散歩しています。

移動支援 *坂井市地域生活支援事業

身体障害、知的障害等により移動が困難な方を対象に、社会参加等の外出にガイドヘルパーが付き添います。
サービス支援 Cさんの場合

Cさんは月に2回ヘルパーさんと近くのお店に行って買い物をしています。1人では不安でも、ヘルパーさんが側にいるので安心して買い物ができています。少しずつ1人でも買い物ができるよう練習にもなっています。

ページの先頭へ戻る

居住系サービス(ホーム)

日中に就労または就労支援等のサービスを利用している知的障害者・精神障害者を対象に、
地域の中で、暮らしていきたい。でも、1人では不安だという方への支援です。
地域の中の一軒家で、仕事が終わった後、世話人さんの支援をもらいながら、食事や掃除、洗濯の練習をしていきます。
他の仲間と一緒にご飯を食べたり、テレビを見たり、のんびりと過ごしてもらっています。

いぬいホーム(男性用)

1階が共同の場所で、トイレ・お風呂・台所・居間があり、玄関には自転車も置くことができます。2階はそれぞれの個室になります。

たにまちホーム(女性用)

1階が共同の場所で、トイレ・お風呂・台所・居間があり、玄関には自転車も置くことができます。2階はそれぞれの個室になります。

「共同生活介護・共同生活援助」
(ケアホーム・グループホーム)

共同生活を営むべき住居に入居している障害者に対し、主に、調理・洗濯及び掃除等の家事、その他必要な日常生活上の支援を行います。
共同の場所と個室があります。
利用時間
月・火・水・木曜日の16:00から 翌朝8:00まで
※金曜日と土・日・祝日は行っていません。
サービス支援 Aさんの場合

Aさんは、昼間は他の福祉就労事業所で仕事をして、夕方終わるとホームに帰ってきます。帰ってくると、世話人さんと一緒に晩ご飯の準備をします。他のみんなとご飯を食べ、片付け後、交代でお風呂に入ります。洗濯もしておきます。そのあとは、みんなとテレビを見たり、自分の部屋で自由に過ごします。朝は洗濯ものを片付けたり、朝ごはんを食べて、出勤します。週末は自宅に戻って家族と過ごします。

訪問系・居住系サービスに関するお問い合せとご相談は… Tel. (0776)68-1316 受付/月~金曜 9:00〜17:30

ページの先頭へ戻る